SCOOTに乗った

関西空港とバンコク・ドンムアン間の移動にSCOOTを利用したので自分なりのレポートをします。
[toc]

LCCは仕方がないが発着時間がキツイ

私の利用した便はバンコク・ドンムアン経由でシンガポールに向かう便でした。

SCOOTはシンガポール航空の系列の格安航空会社

往路は関空発17:55ドンムアン到着22:10

復路がドンムアン発9:35関空着16:50

往路はゆっくりと行けるが現地着の時間が遅い為にホテルにチェックインをして夕食を食べるくらいしか出来ない。

復路は朝が早いので前日の夜にパッキングをしておいて、ホテルにタクシーの手配をして貰っておく必要がある。

レガシーキャリアの半額以下で航空券を手に入れる事の出来るデメリットの部分と言える。

休日を長めに取る事が出来る人でLCCを利用する人はこの移動で潰れる日も計算に入れて現地滞在日数を増やす事をお勧めします。

機内は思っているよりも快適

LCCの機材は飛行機の機体が小さくシートを詰め込んでるイメージがありますが、SCOOTは少し大きい機体を使っている様です。

3✖️3の9列ですが狭いと言う感じはしません。

若干シートが固い感じがしたのでバンコクまでの約5時間のフライトでお尻が痛くなるかもしれないと言う不安はありました。

私は大柄なのですが、足元にも余裕があります。隣の乗客とも体がくっつく様な事は無かったです。

搭乗中は小気味の良いロックが機内に流れテンションを上げてくれます。私は優先搭乗のオプションをつけていたのでゆっくりと搭乗しましたが、一般搭乗はかなりの列になっていました。

機内で購入注意点

機内で買い物をする時に使える通貨には制限があります。

  • 日本円
  • シンガポールドル

もしくはクレジットカード(VISA/Master)です。

デビットカードは使えません

飛行機内で現金で支払いをするとレートが非常に悪いのでお勧めはしません。

購入する場合はクレジットカードが良いでしょう。

お勧めオプション

LCCを利用する人は出来るだけ安価に移動したいと言う人が多いと思います。

その中でもSCOOTを利用するならば優先搭乗サービスを利用すればチェックインも、ほぼ待ちがなく搭乗も一般搭乗者が長い列を作ってる横を悠々と先に搭乗できます。

オプション料金が➕1000円(片道500円)なので

こう言う長い列に並ぶのがストレスに感じる人には良いオプションだと思います。

優先入場はエコノミーでオプションとして追加するか、上位の座席に付随しているかなのでLCCでは利用している人は本当に少ないです。

SCOOTに乗ってみて

体の大きい私はSCOOTのシートピッチの広さは助かりましたが、復路で疲労もあったのかシートの硬さで腰と尻が痛くなってしまいました。LCCを利用している以上、快適さは犠牲にしている部分は否定もしません。

カードがJCBしか持ってなかったので機内で飲み物を買うのに円を使ったのが正直痛かったなぁと思いました。

セールが絡めば驚くほどに安い運賃でSCOOTを利用できるのでセール価格次第ではまた利用しようと考えています。

The following two tabs change content below.
福星

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
福星

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。

-
-, ,

© 2021 Simplyzm=シンプリズム Powered by AFFINGER5