LCCについて

最近ではLCC(格安航空会社)が多くあり、空の旅が昔に比べると格段に身近になりました。

LCCがただ安いと言う理由だけでチケットを手配すると大きな失敗をする可能性があります。
[toc]

LCCの航空券がお安い理由

本人が搭乗するに当たって最低限の状態がチケットの基本です。本人の体と機内持ち込みの荷物だけの状態が基本的運賃になります。預ける受託手荷物や機内食に機内で飲む水でさえ別料金であり、全て搭乗者が管理する事によりサービス面での料金を削っています。

飛行機の機体が最新の物で無く、航空会社の維持費が安い機体を使用しておりエコノミーはシートが狭く設定されております。レガシーキャリアの様にエコノミーでもそこそこ広く、シートバックにモニターなどの快適装備もありません。

基本的にLCCはチケットのキャンセルについて返金はしてくれません。天災などでのフライトが出来なかった場合は各会社のポイントとして返してくれる場合が多いです。

搭乗日程が近い時にチケットを予約する時は注意

搭乗日程が近い時に急いでチケットを予約しようとすると、チケットが高騰している場合があります。この場合レガシーキャリアとの差額をチェックして差額が少ないならレガシーキャリアを使用する方が無難です。フルサービスの快適な移動と受託手荷物が別料金という事もありません。

逆に日程が先でありLCC会社がセールを行っている時はチケットを格安で獲得出来るチャンスです。とにかく安く飛行機移動したい人は各航空会社のセール情報をこまめにチェックする事をお薦めします。

チャックイン締め切りが早い

レガシーキャリアに比べてLCCはカウンターでのチェックインの締め切りが30分〜1時間早いです。その為に空港には1時間は早く到着する様に注意しましょう。

ウェブチェックインが利用できる会社ならばウェブチェックインを済ませて家を出発する方が無難です。LCCの一般カウンターは混んでいて長蛇の列になっている事が多いのですが、ウェブチェックインを済ませておくと専用カウンターでほぼ並ばずにチケットを受け取る事が出来ます。

LCCはレガシーキャリアよりも搭乗口が遠い位置にある場合が多いので、素早く手荷物検査を済ませて搭乗口に早めに向かう事をお薦めします。

LCCに求める物を明確に理解しておく

LCCは安く飛行機を利用できます。そのお陰で海外旅行も身近な物になりました。ですが安い理由を理解せずに不快な思いをする人もいるでしょう。

LCCの基本は体一つでの移動

この事を頭に置いておくだけでも認識はかなり変わるはずです。LCCの基本料金ではドリンク飲み放題では無く全てに置いて別料金という事です。レガシーキャリアの様なフルサービスを求めるならLCCよりも割高ですがレガシーキャリアを利用する方が無難です。搭乗日が近い場合の予約の場合はレガシーキャリアの方がチケットが安い場合があります。

LCCは目的地への飛行機移動という事だけを考えたキャリアであるという事。

機内での過ごし方は必ずしも快適とは言いきれませんが、とにかく安く目的地に飛行機で行きたいという人には最適な移動手段であると言えます。

例えるなら東京大阪間を新幹線で移動するか、夜間バスで移動するかと言うニーズの違いに似ています。

良く理解して賢くLCCを利用して良い旅を数多く行ければ良いですね。

The following two tabs change content below.

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。

-
-, ,

© 2022 Simplyzm=シンプリズム Powered by AFFINGER5