健康

心の掃除にカウンセリング

生きて行く上で心のストレスは回避できない厄介な物です。

上手くストレスを発散して日々を過ごしている人も多い中、逆にストレスの発散が出来ない人もいます。

そんな人に一つの提案
[toc]

現代はストレス社会

学業に仕事に付きまとうプレッシャーや人間関係に疲れが見える時もあります。家族や友達が疲れている自分をケアしてくれるケースも多いでしょう。逆にケアする人に恵まれないケースもあるといえます。

上手くストレスを発散して心を軽くできていますか?

ストレスは恐ろしい

ストレスを溜めこむと様々な病気を発病するキッカケになる事があります。現代病と言って良い「うつ病」などは代表的な病気になりますが、体に異変をきたす事も良くあります。

ストレスに敏感な人は自分の危ない状態もある程度把握している場合も多いですが、ストレスに鈍感な人は溜めこんでいるストレスに気づいてない場合もあります。

自分にストレスが溜まっていると自覚した段階で、実はかなりのストレスを溜めこんでいると言うのは良くある話で、ストレスを自分なりに発散出来ると言う人はストレス発散した方が良いでしょう。

カウンセリング

カウンセリングを受けてカウンセラーと話すと言う行為だけでもストレスの管理は出来ます。

自分の現状や掘り下げて過去の事をカウンセラーに話す事により、自分と言う人間像を客観的に分析して今の自分の状態を的確にカウンセラーは把握してくれます。これはもちろん統計学の部分も多いですが、カウンセラーの経験の部分も大きいです。

ストレスを管理するのに大事なのは自分を知るという事も含みます。自分を客観視出来る人ももちろんいますが、自分の価値観からはどうやっても逃れる事は出来ないのですが、カウンセラーは確実に自分の事を客観視してくれます。大事な事はこの部分で、全く違う価値観から自分に投げられるアドバイスという物は時に目から鱗を落されたような気付きに繋がります。

見えていなかった自分を発見する事により、ストレス管理の幅に広がりを持つ事もあります。

カウンセラー

カウンセラーは見ず知らずの他人です。そんな人に自分の言いたくも無い過去や現状を話す事に抵抗がある人も多いでしょう。しかしカウンセラーは仕事であり守秘義務がありますので、自分の話した事の情報を開示してはいけません。

本人とカウンセラーの相性も大きな問題になってきます。そればかりはカウンセラーと接して見ない事にはわかりませんし、カウンセラーと相性が良くないと逆にストレスを溜めてしまう結果になりかねません。

大雑把ですがカウンセラーの性別を気にして見てはいかがでしょうか?同性の場合は何だか身構えてしまう人もいれば、逆に言葉がスムーズに出る出る場合もあります。異性の場合も逆にまた然りです。

カウンセラーは基本的に物腰は柔らかく威圧的な印象は与えません。ですが印象は人それぞれ違うので接して見ない事には自分が話しやすい対象であるかはわかりません。

カウンセリングを受ける場合にカウンセラーが複数の中から選べるのであれば、出来るなら5分でも全員と接する事をお勧めします。その中で印象の良いカウンセラーからカウンセリングを受ければ良いでしょう。

カウンセリングが始まってから違うと感じたら、カウンセラーの方に素直にそう伝えた方が良いです。違うと感じている段階でストレスを感じているからです。ですが、自分の嫌な事を話す作業はストレスに直面するので、そこは勘違いしない様にしてください。

上手く相性の合うカウンセラーとカウンセリング出来たならば、自分の心のメンテナンスの方法の一つとしての大きな手段になります。

上手くカウンセリングを利用してストレスの掃除をしましょう。

The following two tabs change content below.

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。

-健康
-, ,

© 2022 Simplyzm=シンプリズム Powered by AFFINGER5