雑記

何故あおり運転をするのか?

マスコミで問題視されているあおり運転

東名高速の悲惨な事故で二人の方の命が失われました。原因はあおり運転と悪質な嫌がらせによっておこりました。 6月5日午後9時半ごろ。萩山友香さん(39)=静岡市清水区=が運転するワゴン車が、神奈川県中井町の「中井パーキングエリア(PA)」から出ようとしていた。駐車スペースからはみ出して止まっていた乗用車に、ワゴン車の後部座席にいた夫の嘉久さん(45)が「邪魔だ」と注意。悪夢はここから始まってしまった。
 男は、福岡県中間市の建設作業員、石橋和歩容疑者(25)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑などで逮捕。捜査関係者によると、この日は、知人女性を乗せて横浜市内の赤レンガ倉庫などを訪れ、帰路についたところだった。 石橋容疑者は嘉久さんの一言に激高。ワゴン車を追走してすぐに追い抜くと、車線変更を繰り返した。妨害走行は約1分間、距離にして約1・4キロにわたって続き、友香さんはやむなく追い越し車線上で停車。「ケンカを売ってるのか?」。石橋容疑者は九州なまりの言葉ですごみ、ワゴン車内に身を乗り出して嘉久さんの胸ぐらをつかんだ。嘉久さんは「すいません」と謝ったが手を緩めず、車外に引きずり出そうとした。友香さんが運転席を降りて2人のそばに駆け寄った直後、後方からトラックが突っ込んだ。 産経ニュース   被害者は高速道路PAでのマナーを無視して他人に迷惑をかけている加害者に注意をしただけの事である。語調は強かった可能性はあるが、それでも必要以上に激昂する必要があったのだろうか?マナーを無視していた加害者は何故自分の非を素直に認められなかったのだろうか?加害者の人格に疑いを持つしかない後味の非常に悪い事件を発端に、あおり運転についてマスコミや警察は現在非常に敏感になっていると言えるだろう。

一人のドライバーとして

私も一人のドライバーとして、様々な危険運転を目撃してきました。狭い道で幼子の手を引く母親の横をギリギリなのに猛スピードで走り抜けたり、老人の横を減速もしないで走り抜ける車を見る事は珍しくありません。 私は過去に狭い道を対向する車に道をゆずる為にバックしていて対向車に追突された事もあります。 制限速度を守って走っている場合の方があおり運転の被害に遭う可能性が非常に高い今の道路交通法に疑問しか感じないですが、1度確立されている物を変化させるのは非常に難しい事なのだろうと思います。 そうなってくると、現状で出来る事は個人のモラルしか無いと考えます。個人個人がモラルを大切にしていれば悲惨な事故も減るでしょうし、歩行者が怖い思いをする事も減ると思います。 私も一人のドライバーとしてモラルを大変大事に思っています。狭い道での徐行はもちろん、見通しの悪い道での2段階1時停止、法定速度を守る・・・等、私が出来るだけの安全運転を心がけています。

ドライブレコーダー

今後自動車にはドライブレコーダーの取り付けが必須と言っても過言ではないでしょう。安全運転を心がけていても、どうしても貰い事故と言う物に遭遇してしまう可能性があるからです。 自分の運転を正当化できる証拠としてドライブレコーダーは必要です。 出来れば前後に取り付けたいくらいの意識が必要ですね。 ドライブレコーダーを装着している事により車の防犯にも役立ちますし、万が一事故に遭っても事後処理がスムーズになります。

任意保険の加入を忘れないで

任意保険に加入してない事により事故の後の事故相手との話し合いがスムーズに行かなかったり、多大な借金を背負う可能性すらあります。 自分に限って事故はおこさない そう言う考えは捨てましょう。今はネット保険でもリーズナブルに加入出来る自動車保険も多いです。最低限のレベルの物でも自動車保険に加入していて損はしないでしょう。

あおり運転や危険運転

過去から本当に危険運転やあおり運転は日常的に目にする事が本当に多かったですが、昨今のスマートフォンやネットの普及で、あおり運転や危険運転を記録として残す事が可能になりました。テレビのニュースでも情報提供者と言う書き込みと共にスマートフォンの映像がテレビに流れることも多く、動画サイトでは自分のアカウントの再生数を上げたい為に危険運転を撮影して逮捕された事例もあります。動画サイトの再生数を上げる事は承認欲求を満たせるので理解も可能ですが、その動画の内容が日本の法律を無視していれば罰せられる証拠を自ら晒す行為になりかねません。動画の再生数を上げたいならば全うな方法は他にもあるでしょう。何よりも運転技術を披露したければ公道を使わなくてサーキット等を時間借りして撮影すれば良いと思います。

現在のあおり運転対策

悔しい現実ですが、話が通じない相手には何を言っても効果がないでしょう。

  • 危険を感じる相手を注意しない
  • 危険を感じる運転をしている車両には近寄らない
  • あおり運転の被害を受けても無視し続ける

現状ではこう言う対処するしか方法はないでしょう。 最悪、警察に通報すると言う手もありますが、警察到着までに悲劇はおこっているかも知れません。   被害者も加害者も周囲に悲しむ人がいます。 今後あおり運転や危険運転が少しでも減るように私には祈るしかできません。   ブログランキング参加中です。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
人気ブログランキング

The following two tabs change content below.
福星

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
福星

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。

-雑記
-, ,

© 2020 Simplyzm=シンプリズム Powered by AFFINGER5