Apple ガジェット

MacBook Air 2018

日本時間の2018年10月30日23時より配信された「Apple Special Event」で新型のデバイスが発表されましたね。

  • Mac book Air 2018
  • Mac mini
  • iPad Pro

大きな発表はこの三つ

私は今使用しているPCが凄く劣化してきているので注目はMac Book Airでした。

MacBook Air 2018

期待通りと言うかイベントのオープニングを飾った発表が「MacBook Air」でした。

Appleの秀逸でお洒落なムービーが流れた後にスペックの説明に入ります。

Retina display

これに関してはネットで噂が出まくっていましたね。もちろんAppleが新型にアップデートするならば確実にここは変えてくる部分だったと安易に予想できましたが、ローエンドモデルにもついにRatina displayの時代がやってきたのですね。

モニターのサイズは13.3インチであり、ベゼルが狭くなった事により旧MacBook Airよりも本体は小さくコンパクトになりました。

Touch ID

セキュリティー面の向上として今回のMacBook AirにはTouch IDが装備されています。

Appleの事なのでパスワードと併用する形になるのでしょうが、指紋認証でPCのロックを外せるのは使用者としては楽でもあり、セキュリティーも安心できます。

時代の流れ的にFaceIDにしなかったのはコストの問題でしょうか?

USB-TYPEC

MacBook Airの拡張コネクターはUSB-TYPECが2か所。MacBookが1か所だったのに対して妥当な数だと思います。

でも2個でも正直に足りないでしょうし、拡張コネクターは必須になってくるでしょう。

2個と言うのは外出先で電源の確保と外付けストレージをつける為だと私は思いました。

時代としてはこれからはUSB-TYPECです。まだ対応機器は少ないですが、それでも多くなってきているのも事実です。

Touch Pad

Macと言えばTouch Padですよね。

今回のMacBook AirはTouch Padの広さを20%拡大したようです。

Appleらしい取り組み

今回発表されたMacに関してはボディーのアルミニウムは全てリサイクルアルミニウムである事を発表しました。

エコロジーを考える所がいかにもAppleらしく個人的に好感を感じましたね。

販売価格

 

  • CPU:Corei5
  • RAM:8GM
  • SSD:128GB

基本の子のスペックで1199USドルです。

Apple Japanのストアで価格確認をしたら134800円(税別)でしたね。

噂の段階では1000ドルとかでていましたが、アップデートされた装備を見ればこれくらいはしますね。

 

色は定番色3色展開です。

  • シルバー
  • スペースグレイ
  • ゴールド

これは好みですね。

発売日

2018年11月7日に発売予定の様であります。

すでにオンラインのAppleストアでは予約が始まってますね。

私は1度実物を見にAppleストアに出向いてから購入するか決めようと思っています。

私が欲しいスペック(ストレージ以外)は揃っているので使用に何の不満も無いとは思いますが、実機を触ってみない不安は安い買い物では無いからですね。もちろん購入したらレポ記事を書かせていただきますし、末永くお付き合いできる新しい私のガジェットの仲間入りをして欲しい物です。

逆に整備済み品のMacBookが安くなっていれば心が揺らぐ可能性は否定しません。

 

The following two tabs change content below.

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

福星

シンプルに生きると言う事を探して、行きやすくする方法を探求しています。

-Apple, ガジェット
-, ,

© 2022 Simplyzm=シンプリズム Powered by AFFINGER5